Daily Archives: 2012年7月10日

[C言語入門]変数が保持できる値の範囲について

2012年7月10日 (カテゴリ: C:)

変数の宣言 今回のサンプルでは、”int result”ということで、整数型の変数resultを定義しました。 変数として宣言できるのは,int以外にも以下のデータ型があります。 char 主に文字を格納するのに使用 int 主に整数を格納するのに使用 float 主に大きくない実数値を格納するのに使用 double 主に大きな実数値を格納するのに使用char 主に文字を格納するのに使用 int 主に整数を格納するのに使用 float 主に大きくない実数値を格納するのに使用 double 主に大きな実数値を格納するのに使用 また、intに関してはshort,longの接…


続きを読む

[C言語入門]計算した値を変数に保存する

2012年7月10日 (カテゴリ: C:)

前回は、指定された値を単に印字するだけのプログラムを作成しました。 コンピュータは日本語だと”電子計算機”と呼ばれるぐらいなので、今回は計算処理を行うプログラムを作成してみます。 今回のプログラムは以下の通りです。 #include <stdio.h>   main() { int result;   result = 10 + 20; printf( "result is %d\n", result ); }#include <stdio.h> main…


続きを読む

[C言語入門]printfの書式指定

2012年7月10日 (カテゴリ: C:)

前回のサンプルでは、printfの引数に%dを指定する事で、int型の変数値を表示させていました。 この%dの事を書式指定子(conversion specifier)と呼びます。 よく使用される書式指定子には以下のものがあります。 %の後に変換文字を書く事で表示方法を指定できます。 %d 整数を表示させる %s 文字列を表示させる %c 指定された文字コードに対応する,ASCII文字を1文字分表示させる %f 浮動小数点の値を表示(doubleまたはfloat) %d 浮動小数点の値を表示(double) %x 16進数で値を表示 %g 数字を指数表現で表示   %p ポインタ変数…


続きを読む

[C言語入門]画面にメッセージを表示させてみる

2012年7月10日 (カテゴリ: C:)

文法とか細かいことは置いといて、プログラムを1つ作ってみます。 作業は、windowsにインストールしたcygwin環境で行います。 まず、下記のファイルをエディタで作成します。 #include <stdio.h> main() { printf( "hello world\n" ); }#include <stdio.h> main() { printf( "hello world\n" ); } 作ったファイルは、以下のフォルダに保存してください。 (usernameの部分…


続きを読む

[cygwin]gccで作ったプログラムで,日本語が文字化けする

2012年7月10日 (カテゴリ: 未分類:)

windowsのcygwin環境にてgccでプログラムを作成した場合、日本語が文字化けする場合があります。 これは、C言語のソースファイル(.cファイル)と、使用しているターミナルの文字コードが一致していないのがよくある原因です(ターミナルというのは、Cygwin Terminal/xterm/コマンドプロンプトetcの事で、いわゆるコマンドを打ち込む”黒い画面”の事です)。 対処法は、プログラムを保存する際に.cファイルの文字コードをutf-8で保存すれば、正しく出力できます。 現在保存されいるソースファイルの文字コードは、fileコマンドで確認できます。 $ fil…


続きを読む