XBee設定ソフトの「X-CTU」をインストールする

前回の作業で、XBeeとシリアル通信できるところまで確認しました。
PCからXBeeへ接続をXBeeエクスプローラ無しで行う


XBeeは買った状態では使用できず、初期設定を行う必要があります。
初期設定はATコマンドで行う事も可能なのですが、最初は製造元のdigi社が提供しているGUIツールのX-CTUを使うと楽チンです。

というわけで、今回はX-CTUのインストールと動作確認を行います。

X-CTUのインストール


下記のページにアクセスします。
X-CTU Software – Drivers – Digi International


ページ下部の”Diagnostics, Utilities and MIBs”をクリックし、表示されたメニューから、”XCTU 32-bit ver. 5.x.x.x installer”ををダウンロードします。
説明には、64bitのOSはサポートしないと書かれていますが、Win7のx64で確認したところ問題なく使用できました。



ダウンロードしたらセットアップのプログラムを実行します。
ウィザードが表示されるのでNextをクリックします。


ライセンス表示です。I Agreeを選択後Nextをクリックします。


必要があればインストール先を変更し、Nextをクリックします。



最終確認画面です。Nextをクリックするとインストールが始まります。


暫く待ちます…



すると、最新のファームウェアをダウンロードするかという確認が出るので、はいをクリックします。


最新ファームのダウンロード中です。かなり時間が掛かるので気長に待ちます。



完了すると、ダウンロードされたファームの一覧が表示されるので、OKをクリックします。


Closeをクリックします。

これで、インストールは完了です。


X-CTUの動作確認

次に簡単な動作確認を行います。
デスクトップにX-CTUというアイコンが追加されれるので、起動します。

PC SettingsタブのTest/Queryボタンをクリックします。


以下のように、ModemTypeが表示されればOKです。



※Programmable XBee Proを購入した場合は、ここでエラーが出ます。
 この場合の対処法は、下記のページを参考にしてください。
 Programmable XBee ProをX-CTUで設定する

X-CTU:トラブルシューティング

X-CTUのTest/Queryで、ありがちなエラーとその対処法です。

Action Requiredのダイアログが出る
リセットボタンがあれば押してください。無ければPin5を1秒ほどGNDに直結します。
これでもダメなら、USBケーブルを刺したままXBeeを外し再度接続してみます。


Unable to open portと出る
ケーブルが刺さっているか確認してください。


Programmable XBee Proで、確認メッセージのModemTypeがunnknownになる
追加の作業が必要です。こちらの記事を参考にしてください。



関連記事

One Response to “XBee設定ソフトの「X-CTU」をインストールする”

  1. 馬場 健一 より:

    Amazon MWS APIを使用したアプリケーションの開発を依頼できる方を探しております。
    もし可能でしたらご連絡お願い致します。

    突然の申し出、失礼致しました。

馬場 健一 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。