Lolipopで既存WordPressサイトを独自SSL(無料)対応する

ロリポップで、無料の独自SSL機能がリリースされました。

今回は、すでに独自ドメインでWordpressを使って運営しているサイトをhttps対応してみます。
説明として、http://example.com/blogでアクセス出来ていたサイトを、https://example.com/blogでアクセスできるようにするための手順を記載します。

現状:
http://example.com/blog
↓
変更後:
https://example.com/blog

今回の記事では、WordPressサイトについて説明していますが、すべきことはWordPressサイト以外でもほぼ同じです。

無料SSLの仕組み


設定画面を見るとわかるのですが、下記の注釈が有ります。ここに書かれている通り、無料SSLサービスはLet’s Encryptの仕組みを利用しているようです。

※ Let's Encryptとその提供元のポリシーを確認・同意の上でご利用ください。
また、Let's Encryptの仕様変更等によって予告なく利用できなくなる場合もあります。
ご了承ください。

LolipopのサイトでSSLの設定を行う


Lolipopの管理画面にアクセスし、メニューから”独自SSL証明書”をクリックします。


“SSL保護されていないドメイン”のタブより、SSL対応を行うサイトにチェックを入れ、”独自SSL(無料)を設定する”をクリックします。


設定中は4-5分程度かかるので、しばらく待ちます。
自動で状態が書き換わらないので、適当にブラウザをリロードさせてみてください。


作業が完了すると、下記のように(保護されています)の表示に切り替わります。


また、”SSLで保護されているドメイン”のタブにも表示されていることを確認します。


この時点でhttps://example.com/blogのアドレスでアクセスすると、http://example.com/blogと同じものが表示されます。httpsでアクセスした場合は、以下のように”保護された通信”の表示がされていることを確認します。


これまで通り、http://example.com/blogでもサイトが更新されていることも確認しておきます。

SSL証明書の内容を確認する


chromeにてhttps側のURLでサイトにアクセスし、DeveloperToolを起動します(キーボードのF12キーを押します)

SecurityタブのView certificateをクリックします。


Let’s Encryptからの証明書が3か月の有効期間で発行されていることを確認します。

証明書の有効期間ですが、期限が短くなったらLolipop側で自動で延長してくれるので、期限が来た時に行うことはありません。

SSL対応したことを検索サイトに通知する


これで、httpsでのサクセスは可能になりましたが、google等の検索サイトに対して、httpsサイトがあることを通知する必要があります。

wordpress設定の変更


WordPressの設定画面を、開きWordPressアドレスと、サイトアドレスがhttpになっていることを確認します。


この値をhttpsに変更します。


設定を変更したら、別のウィンドウを開いて、再度ログイン出来ることを確認します。また、WordPress内の各ページにアクセスし、サイト内のリンクURLがhttpsになっていることを確認します。

canonical設定の確認


現時点では、同じ内容のページがhttpsと、httpの両方のURLで提供されている状態です。2つのURLのうち正式なページURLがどちらなのか検索サイトに伝えるため、canonicalタグというものを指定します。

All in on SEO Packのプラグインを使用している場合は、一般設定のCanonical URLにチェックを入れるだけで完了です。


プラグインを使っていない場合は、以下のような形で手動で出力してあげればよいです。

<?php 
if ( is_home() ) {
    $canonical_url = get_bloginfo('url') . '/';
} else if (is_page()||is_single()) { 
    $canonical_url = get_permalink();
}  else if (is_category()) {
    $canonical_url = get_category_link(get_query_var('cat'));
} 
?>
<link rel="canonical" href="<?php echo $canonical_url;?>" />

設定を行った後に、http://www.example.com/blog/と、https://www.example.com/blog/でアクセスして、両方ともcanonicalがhttpsになっていることを確認します。また、個別ページやカテゴリページなど、いろいろなページに移動してcanonicalがすべてhttpsになっていることに確認します。

sitemap.xmlの確認


通常、wordpressでは、下記のURLでサイトマップを公開していることが多いかと思います。

http://example.com/blog/sitemap.xml

https://example.com/blog/sitemap.xmlにアクセスし、サイトマップのURL一覧がそれぞれhttps://….になっていることを確認します。

以上で、設定は完了です。
しばらく待っていれば、Googleなどの検索結果もhttpsのURLが表示されるようになります。
食べる!SSL! ―HTTPS環境構築から始めるSSL入門

サーモス 水筒 真空断熱2WAYボトルを購入

サーモス 水筒 真空断熱2WAYボトル 0.8L ブラックピンク FFR-801WF BK-P

子供の水筒はずっとプラスチックタイプ(保冷ではない)を使っていたのですが、子供が小学校でお友達が持っているようなもの(サーモス)がいい、と言い出したので購入を検討しました。サーモスだったので保温・保冷に関しては期待していました。特に子供は冷たいお茶が好きだったので、氷を入れて冷たいお茶が冷たいままで続くと喜ぶだろうなと思いました。


購入して一番満足しているのは保冷の性能です。氷とお茶を入れておくと、翌日まで氷が解けずに残っていることもあります!朝持っていっても日中ずっと冷たい状態で飲めるので、冷たいお茶が好きな子供はとても喜んでいます。

また、飲み口も2ウェイタイプなので、そのときの気分でコップ・直飲みと飲み口が変えられるのがとっても便利。何より、子供がデザインを気に入っていることも満足している大きな理由です。やっぱり小学生の女の子はこういう元気キュートなイメージのデザインが好き。特にうちの子供にはストライクだったようで、ものすごく気に入っています。直飲みキャップの押しボタンがキラキラしているのも、女の子心をくすぐるようです。


また、容量がたっぷりなのも嬉しいです!うちの子供はかなりお茶をよく飲むので、正直それまで持っていた500mlだと足りないこともしばしば。でもこちらは800mlとたくさん入るので安心です。親子でお出かけのときもこれにたっぷり入れれば親子で水分補給可能。親である私の飲み物を持つ必要がなく、荷物が減るので嬉しいです。


サーモス 水筒 真空断熱2WAYボトル 0.8L ブラックピンク FFR-801WF BK-P

iTuneでflacが取り込めない時、インストール不要でmp3に変換できる簡単ツール[fre:ac]

iTuneで音楽を管理している場合、手元にあるファイルがflac形式だと、iTuneがflacファイルを直接取り込めず困ってしまいます。

このような場合にはfre:acというフリーソフトを使用すると便利です。
fre:acは、flacからmp3に簡単に変換でき、インストール不要なPortable版も提供されているWindows向けのフリーソフトです。

fre:acのPortable版をダウンロード


portableapps.comというサイトからダウンロードします。
fre:ac Portableのダウンロードページに行き、”Download fre:ac Portable”のリンクをクリックします。


クリックするとダウンロードページに遷移します。
5秒ほど待つとダウンロードが始まります。


ダウンロードが終わるのを待ちます。


fre:acをインストール


ダウンロードしたfreacPortable_xxx.paf.exeをダブルクリックして、実行します。


日本語選択してOKをクリックします。


次へをクリックします


展開先フォルダを選択し、インストールボタンをクリックします。ここで”インストール先を選んでください”と表示されていますが、Portable版なので圧縮されたファイルを展開するだけです。


インストールが終わったら完了ボタンをクリックします。


fre:acの起動~メニューを日本語に変更


インストール先にある、freacPortable.exeを実行します。インストール先を変更していない場合、デスクトップに展開されるかと思います。


こちらがメインの画面です。メニューが英語になっているので、まずは日本語に変更します。


OptionsのGeneral settingsを選択します。


Languageタブに言語設定があるので、Japaneseに変更します。


flacファイルをmp3に変換する


メイン画面の赤枠で囲まれたエリアにflacファイルをドラッグ&ドロップしてください。fre:ac側でファイルが正しく認識されれば、flacファイルの名前が表示されます。


エンコード -> エンコード開始を選択すれば、mp3への変換が始まります。


進捗が100%になったら変換は終わりです。
変換したファイルは、その下に記載されている出力先のフォルダに作成されます。


ファイル名を変更したくない場合


デフォルトの設定だと、変換する時に元のファイル名が変換されてしまいます。
flac->mp3のフォーマット変換だけ行い、ファイル名を変えたくない場合は、下記の設定を行います。

オプション -> 一般設定を選択します。

エンコーダーのファイル名パターンが「artist – title」になっているので、「filename」に変更すれば、mp3に変換しても元のファイル名が維持されます。

<artist> - <title>
↓
<filename>



初めてでもわかる超初心者のためのiTunes入門

オカムラ: バロンチェアの背もたれワイヤーが壊れたので交換した

オカムラが販売しているOAチェアのバロンを使用しているのですが、背もたれのワイヤーが壊れてしまい、リクライニングできなくなったので修理してみました。

修理の方法


オカムラ製品の修理は、訪問での修理と、パーツの取り寄せが有ります。
修理を担当しているのはオカムラ サポートアンドサービスという会社が担当しているようです。

出張修理だと、出張代が9,000円程度かかるらしいので、今回はパーツの取り寄せで対応してみました。

パーツの注文


下記のサポートページから、修理部品の注文FAXシートが手に入ります。

サポートのページ http://osas.okamura.co.jp/support/repair.html
注文シートのPDF http://osas.okamura.co.jp/support/pdf/after_touhoku.pdf

ダウンロードしたPDFを印刷して、必要事項を書き込みFAXで送付すればよいです。

…とは言っても、注文したいパーツの品番も分からなければ、部品代も全く分からないので、注文シートを書くこと自体ができないかと思います。下記のお問い合わせフォームから部品を注文したい旨を書いて送ると、品番や価格を教えてもらえました。
https://www.okamura.co.jp/okamura/cgi-bin/inquiry/form.cgi?div=S1

FAXで注文票を送ると、納期や正式な見積価格が”FAXで”返信されてきました。再度、正式注文のFAXを送り返すと、注文は終わりです。費用は代引きのみ対応っぽいです。

ちなみに、今回注文した商品は以下の通りで、消費税込みで3024円でした。

A13538X バロンチェア用リクライニングレバー セット 2000円
送料+代引き手数料 800円

デキる人は頼み方がうまい

商品の交換


1週間ほどして、注文した部品が届きました。


中身はこのような感じです(画像をクリックで拡大します)。


商品です。問い合わせたときの情報によるとワイヤーだけ購入することはできず、ワイヤーとレバーのセットで1つの部品とのことでした。


まず、壊れてしまったレバーを外します。
赤枠の部分がツメになっていて止まっているので押しながら外します。
裏面側にもツメがあるのですが両方同時に押すのはかなり難しく、少し傾けながら片方づつ順に押すと外しやすいです。


本体から無事外れた状態です。
結構固いですが、うまく片方づつツメを外していけば、道具を使わずに一人でも作業可能でした。
(外せるか不安な場合は、部品の注文前に予め、試してみても良いかもしれません)


壊れた部品を取り出すとこんな状態でした。
本体側ワイヤーの被覆が取れてしまい、レバーを引いても意味がない状態になってました。


付けるのは簡単で、外すときの反対の作業をすればよいだけです。

家具を修理する本