Tag Archives: Chart

[.Net]Chartコントロールに表示させるグラフ色の,カラーパレット一覧

2012年5月25日 (カテゴリ: C#:)

Chartコントロールでは、1つのコントロールに複数の系列のグラフを描画する事ができます。 この際、各系列が分かりやすくなるよう、色が自動で切り替わるのですが、このカラーパレットはPaletteプロパティで指定する事が可能です。 chart1.Palette = ChartColorPalette.Berry; chart1.ApplyPaletteColors(); パレットを切り替えたい時は、上記のコードで簡単に変更する事が可能です。 パレットの切り替え方法が分かると、次は、各パレットを使用した際にどんな色が表示されるのかが気になるところですが、これについてはMicroso…


続きを読む

.Net Framework4.0で追加されたChartコントロールを.Net3.5でも使用したい

2012年5月25日 (カテゴリ: C#:)

.Net Framework4.0では、画面にグラフを描画する為のコントロールとして、Chartコントロールが新たに追加されました。 このコントロールは、System.Windows.Forms.DataVisualization.Chartingパッケージに有るのですが、新しいクラスなので、当然ながら.Net Framework3.5以前では通常は使用することが出来ません。 ですが、.Net Framework3.5を使用して開発を行っている場合は、同コントロールが使用できるよう、Microsoftより追加のライブラリを提供してくれています。 下記のページからライブラリをダウンロードし、イン…


続きを読む

[C#][.Net]Chartコントロールに表示されているグラフをファイルに保存する

2012年5月25日 (カテゴリ: C#:)

VS2010の.Net Frameworkで用意されているChartコントロールを使用して描画したグラフをファイルに保存する方法です。 private void button1_Click( object sender, EventArgs e ) { chart1.SaveImage( "c:\\work\\chart.jpg", ChartImageFormat.Jpeg ); } 上記例のSaveImage()メソッドでは、第二引数でJpegを指定していますが、他にbmp,png,tiffなどのフォーマットでも保存可…


続きを読む

[C#][.Net]Chartコントロールから目盛りの罫線を消す方法

2012年5月25日 (カテゴリ: C#:)

VS2010の.Net Frameworkで用意されているChartコントロール(System.Windows.Forms.DataVisualization.Charting)で、グラフ内にあるグリッドの罫線を消す方法です。 ここでいう罫線とは、下図の赤枠で囲まれた線の事です。 Chartコントロールのプロパティを表示し、ChartAreasを選択します。ChartAreasは、実際にグラフが描画されるエリア(凡例などの周囲の余白ではなく)の情報を管理しています。 ダイアログが表示されるので、Axesプロパティを選択します。 さらに孫ダイアログが表示されるので、左のメンバーからX axisを…


続きを読む

[C#]Chartコントロールを使用して、タスクマネージャー風のグラフを作成する

2012年5月18日 (カテゴリ: C#:)

VisualStudioの2010ではグラフを表示するために、Chartコントロールというものが追加されています。 このコントロールを使用すると、手軽にグラフを作成する事が出来るのですが、デフォルトのプロパティ値ではデザインがいまいちなグラフが出来上がってしまいます。 コントロールをフォームに貼った直後のデザインは、以下のような感じになっています。 今回は、Chartコントロールを使用して、主に見た目に関するプロパティを確認しつつ、 Windowsのタスクマネージャー風のグラフを作成してみました。 [今回作成したプログラムによるグラフの表示] 情報を見える形にする技術 今回のサンプルプログラム…


続きを読む