[WebAPI]ヤマト運輸の営業所情報を取得するAPIを作成しました

先月、ヤマト運輸の伝票状態を取得するAPIを作成したのですが、
伝票検索に続いて、営業所の検索APIも作成しました。


WebAPI


API仕様は、伝票情報取得APIの時と同じような感じです。

実際に見た方が速いと思うので、以下に各フォーマットの例を示します.(058100の部分には営業所コードが入ります)

xml/json/yaml

http://nanoappli.com/tracking/api/center/058100.xml
http://nanoappli.com/tracking/api/center/058100.json
http://nanoappli.com/tracking/api/center/058100.yaml

jsonp

http://nanoappli.com/tracking/api/center/058100/callbackFunc


返って来るデータ

例によって、xmlフォーマットだけ例示します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<root>
    <result>0</result>
    <status />
    <centerCode>058100</centerCode>
    <centerName>大垣東前センター</centerName>
    <postalCode>503-0854</postalCode>
    <address>岐阜県大垣市築捨町3−81</address>
    <open>
        <weekday>08:00 〜 21:00</weekday>
        <saturday>08:00 〜 21:00</saturday>
        <holiday>08:00 〜 21:00</holiday>
    </open>
    <limit>
        <weekday>19:00</weekday>
        <saturday>19:00</saturday>
        <holiday>19:00</holiday>
    </limit>
    <inquiryCenterName>岐阜主管支店 サービスセンター</inquiryCenterName>
    <telNo>0575-25-6677</telNo>
    <faxNo>0575-25-6668</faxNo>
 
    <inquiryTime>8:00 〜 21:00</inquiryTime>
</root>



result, statusの扱いは伝票情報取得APIと同一仕様です。

また、openは営業時間、limitは当日集荷の期限時間です。
それぞれ、ブランクの場合や”お問い合わせ窓口にご確認ください。”といった文字列が入ることが有る点に注意してください。


取得できたデータの内容

営業所データは2012/01/20時点のものです。

現在は最新データを自動取得する処理は無くキャッシュから取得していますが、要望があれば最新データの取得ロジック(キャッシュのリフレッシュ処理)を追加します。



その他情報

営業所コードのコード体系は、こちらの記事を参照してください。

伝票Noから荷物の状態を取得する場合は -> こちら
APIではなく、画面から検索したい場合は -> こちら

関連記事

One Response to “[WebAPI]ヤマト運輸の営業所情報を取得するAPIを作成しました”

  1. 匿名 より:

    いつも利用させていただいております。
    是非、営業所データを最新にしていただきたいです。
    新設の営業所(アマゾン系の支店など)が表示されないことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。